果実酒が過日酒になる前に・・・

新聞報道等によりご存知の方も多いと思いますが
果実酒のことを少し書かせていただきます。

『ニセコでペンションをやってらっしゃる方が
お客様に喜んでいただくために作っていた果実酒100種類のうち、
87種類を税務署により廃棄処分決定を下された』

というものです。

残念ながら、当店の看板商品が酒税法に抵触します。

7周年記念日、5月19日をもって
販売終了します。


匠のモスコミュール、
究極のソルティー・ドッグ

そして、今、取り扱い中の
中富良野産カシス、ブルーベリー、ラズベリー、
ブラックベリー、ハスカップ、
スペイン産クランベリー、
メキシコ産スターフルーツ、
新潟産ル・レクチェ。

これらすべての販売を5月19日付をもって中止します。

すべては
『おいしく、安心して飲んでいただきたい』という
願いからお作りしたものです。

しかし、法治国家で暮らしている以上
法律には従わなければいけません。

私が思うに
果実酒は日本の文化だと思うのです。

日本酒、焼酎ばかりが日本の文化ではなく
果実酒こそ、口伝の日本文化ではないかと。

私の母も梅酒を作っています。
その家庭、その家庭の味があり
それを子供たちに引き継ぎ
バトンを渡していく。
カクテルとは意味合いが違いますね。

ところで、
カクテルに色がついている理由を
ご存知ですか?
これは、ファッションからきています。

『今日のドレスに合う色のお酒をいただけないかしら』
『このドレスには、この色のカクテルは合わないわ』

カクテルの色は1930年代、40年代、
社交界にいる女性たちの声から
付いたとされています。

日本の果実酒とは全く始まりが違います。

『山の神様、大地の神様、すばらしい恵みを
ありがとうございます。
今年も無事に収穫ができました。
お天道様に感謝します』

これが日本の源流だと思うのです。

それを採りお酒に漬け
感謝とともにいただく。

『あなたの命をいただきます。
私の体の一部になって生き続けてください』

それが『いただきます』の語源です。

さらに付け加えるなら
お酒にファッション性を求めていなかったというのも
日本人です。

だからこそ、無添加であり、着色料も
使わずに済んだ。
そう思いませんか?

市販のお酒にはほとんど着色料や
酸化防止剤が加えられています。

『それを飲みなさい』
ということでしょうか。
それが美しい国なのでしょうか。

1920年〜33年にはアメリカ禁酒法がありました。
愚策ではありましたが
そのおかげでカクテルが発展したのも
事実です。

歴史から学ぶとしたら
この酒税法があったおかげで
果実酒が発展したんだという
マイルストーンになることを
祈ります。

果実酒が過日酒になる前に・・・


みなさまのご意見をぜひ、お聞かせください。
この記事へのコメント
 昨日は顔出せなくてごめんねー。俺もこの酒税法違反の件についてはブログで書きました。ばかげているわ本当に!法律はなんの為に存在するかということを今一度考えて欲しいもんだよ。国民投票案が可決したけれど何のためなのかこれも連動した話かもなー。さとちゃんの作った酒の味は俺のベロと胃と肝臓がよく覚えているからなー!
Posted by Hook at 2007年05月15日 09:16
>Hookさん

コメント、ありがとうございます。

ホント、なにか腑に落ちませんよね。
めげずにおいしいカクテルを作っていくので
これからもよろしくお願いします!
Posted by 店主 at 2007年05月15日 14:33
佐藤様
こんにちは。
☆ただ兄☆です。
今日ノースビートさんから
母(K子)宛にきたハガキを拝見しました。

無くなってしまう前に、完売御礼だったソルティーを明日でも飲みにいこうかな、、、、。

今回の記事の件と、今回のさとちゃんの決断は、
ノースビートにとって、
どんな素晴らしい成功をもたらすか楽しみですね。



「想像も出来ないくらい、ついてる!!」出来事ですね。

by☆ただ兄☆
Posted by ☆ただ兄☆ at 2007年05月16日 18:05
>☆ただ兄☆さん

コメント頂き、ありがとうございます。
とっても嬉しいです!

そうですね、なくなる前に
ぜひお越しくださいね。
お待ちしてます。

『想像ができないくらい、ついてる!』

まさに、そのとおり(笑)
『困ったことは起こらない』
ですものね(^^♪

価値観を共有できてうれしいです。
Posted by 店主 at 2007年05月16日 19:10
はがきをいただきました。
なんだか せつない 複雑な気がしています。

飲みに行けるかは微妙な仕事の状況ですが
でも、いつのひにか必ずまた飲めると言うことを確信しています。
Posted by おおの みちこ at 2007年05月17日 14:32
>おおの みちこ様

こんにちは。
お久しぶりです!
コメント、ありがとうございます。

そうですね、いつの日か
パワーアップしたモスコや
カクテル類をお出しできるように
研鑚していきます。

ご都合のよい日に、お立ち寄りください。
お待ちしてます。

これからも、応援してくださいね。
Posted by 店主 at 2007年05月17日 14:54
先日、ノースビートのお酒さんからお手紙をいただきました。私の身近にあったお店も?!だったなんて、びっくり。
でもこれって悲しいお知らせなんかじゃないんですよね。
カクテルバーとして生まれ変わったノースビートのファーストステージ終了のご挨拶って言うだけ。同時にセカンドステージ始まりの予告だったりもするんですから、これからの飛躍(秘薬)が楽しみになっちゃいます!
とりあえず、とりあえず、とりあえず。今日までがんばってきたお酒さんのためにも、
ファーストステージの記憶をしっかりときざんでおきましょ。 *^.^*
Posted by みさき at 2007年05月19日 13:27
>みさきさん

コメント、ありがとうございます!

『1stステージから
2ndステージへ』

これ、いいですね!
いただきです♪

これからも、いろいろ試作してまいります。
応援してくださいね。

よろしくお願いします。
Posted by 店主 at 2007年05月19日 13:58
コメントを書く
Name:

E-Mail:

URL:

Comment:

この記事へのトラックバックURL

※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。